取材企画タイコー出版局
中国語サイト

赤ら顔なら精美スキンケアクリニックへ|東京

文字を拡大 標準に戻す
メール相談 資料請求
精美スキンケアクリニックのスマートフォンサイト
精美スキンケアクリニック
無料メール相談
資料請求
電話でのご相談
診療案内
クリニック紹介
ドクター紹介

なぜ、赤アザ・赤ら顔になるの?

赤ら顔

赤ら顔赤ら顔は、「りんごのようなほっぺ」に形容されるようにキュートな印象を与えるのならば良いのですが、悪い意味で田舎臭さを感じさせてしまったり、年齢を感じさせることがあります。症状は実にはっきりしていて、ホホや鼻、額などがほんのりと赤らむというのが初期の症状です。この赤みは、最初は一過性ですが、そのうち消えずに残るようになります。治療せずに放っておくとますます悪化し、見た目にも悪くなってしまいます。

鼻部を中心とした顔面に、紅斑、毛細血管拡張、丘疹、膿疱を生じる疾患で、時に結合組織の増殖を伴う赤ら顔の症状は、「酒さ」と呼ばれ、30〜40代に好発することが多い症状です。

赤ら顔の発症の原因については実際のところ不明なのですが、主に

  • 外気温の刺激に対する血管収縮反応
  • アルコール飲料や香辛料といった食品による刺激
  • 精神的因子
  • 胃腸障害
  • 糖尿病や更年期障害
  • うつむき仕事
・・・などがあげられます。

寒冷地では顔面の皮フが、急激な外気による冷却と室内での加温を繰り返し受けることにより、“りんごのほっぺ”状態となります。これは強い温度変化により表在性の血管が拡張し、やや深部の血管は収縮したままとなるため部分的に拡張と収縮が生じ、持続的な血流のうっ滞が生じるためと考えられています。これにアルコールや香辛料などの促進因子が加わり、酒さが形成されます。

赤ら顔という症状は、顔の毛細血管の拡張や血流の増大が持続して起こる、いわば器管的な病変です。心理的な緊張や不安、羞恥心などを感じたときに顔が赤くなりやすいという方がいらっしゃるかもしれませんが、持続的に赤みがなければ、赤ら顔ではありません。また、心理的なアプローチなどでは、拡張した血管が収縮することはなく、きちんと器管に対応した治療が必要になります。

赤アザ

赤アザ赤アザの赤みは血液の色です。赤アザができていない通常の皮フでも毛細血管と呼ばれる細い血管が通っていますが、赤アザの場合は血管が以上に太かったり増殖したりしているために、血液の流れが盛んになって皮フの表面にまで血液の色があらわれているのです。

血液の赤みがキズを連想させることも、赤アザの心理的負担の一因となっているようですが、赤アザは表皮の表面そのものがキズついているわけではなく、皮フの真皮層の血管が病変を起こしているのです。海綿状血管腫などでやわらかい腫瘤ができている場合は、表面が膿んだりすることがあるので、このような症状が出ている場合には早めの治療をするべきでしょう。
クリニックの地図
メニュー
スマートフォン専用ページ
メール相談
資料請求
総合ホームページはこちら
閉じる