取材企画タイコー出版局
中国語サイト

赤ら顔なら精美スキンケアクリニックへ|東京

文字を拡大 標準に戻す
メール相談 資料請求
精美スキンケアクリニックのスマートフォンサイト
精美スキンケアクリニック
無料メール相談
資料請求
電話でのご相談
診療案内
クリニック紹介
ドクター紹介

赤アザ・赤ら顔の治療法

美容外科、美容皮フ科の分野はもちろん医学界全体で、今後、いかに日常生活への負担が少ない治療へ移行していくかという議論が盛んになっています。

以前は、赤アザ(血管腫)・赤ら顔の治療には、下記の治療が行われてきました。
・切除手術
・冷凍凝固
・電気凝固
・アルゴンレーザーによるゼブラ治療など
・放射線治療
大きな赤アザ(血管腫)の場合は、切除した部分をふせぐために皮フ移植をすることもありました。

こうした手術では、数週間から数カ月にわたる入院治療が必要になります。学生の方なら学校を、お勤めをしている人は勤務先を、長期間休む必要がでてくるので、そのことがネックとなって治療に踏み切れないこともありました。

赤ら顔・赤アザで悩んでいる方へ朗報!次世代医療レーザー治療

以前は手術・入院がほとんどであった赤アザ(血管腫)・赤ら顔の治療について、現在は、次世代型医療レーザー治療を行うことで、メスを使用しないので、当日より洗顔、メイクもできる日帰りの治療が可能となりました。

皮フの表面にある毛細血管だけでなく、真皮層や脂肪層などの深部にある毛細血管まで、医療レーザー光が作用しますので、赤アザ(血管腫)のなかでも深在性のケースまで治療効果を発揮することができます。

またレーザー治療は、病変部だけにレーザーのエネルギーを与えて、周囲の組織にはレーザーのエネルギーを与えない「選択的光熱熔解」という考えに基づいて行われていますので、病変部の血管だけをレーザーによって治療し、周囲の皮フの組織にはダメージを与えることはありません。

※ポイント→レーザーには固有の波長があり、その波長の光は特定の色のものに吸収されやすいという性質があるからです。
当院独自の最新レーザー88台組合せ複合レーザー
単純性血管腫
単純性血管腫

※肌質・症状によって効果に個人差があります

リンゴ頬
リンゴ頬

※肌質・症状によって効果に個人差があります

治療後は強い日差しや、食事にも気を使いましょう。

治療後で気をつけることとしては、急激な温度変化を避け、血流うっ滞の促進因子であるアルコール飲料や香辛料などの刺激性のある食事を控えるようにすることです。軽いマッサージなどもお勧めです。

また、ストレスの負担を少なくし胃腸を整えることで症状を悪化させることを防ぐことができます。
クリニックの地図
メニュー
スマートフォン専用ページ
メール相談
資料請求
総合ホームページはこちら
閉じる